2007年03月31日

今日の練習曲


  • Ego sum panis vivus(Giovanni Pierluigi da Palestrina作曲)
  • White wings(Thomas Beck作曲)
  • あんたがたどこさ(わらべうた、信長貴富編曲)
  • ずいずいずっころばし(わらべうた、信長貴富編曲)

今日は何となく調子が悪く、個人的に声の調子も今ひとつだった。合唱団としても出席者が少なく、ハモリが決まらなかったな。そんなときにポリフォニーの練習はかなり苦しいものだ。音が決まらないことに気づいていないメンバが意外と多いのも不思議な気がする。いや、気づいていても調子が悪いと軌道修正できないのかもしれないが。

White wingsは現代作品で、簡単そうに見えて調性がぱっとわからない感じ。一回の練習ではつかめなかった。

信長編曲のわらべ歌2曲は、かなりおもしろい。けど、今日の練習ののりはあと一歩。疲れた練習だったな。
posted by あげさん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog

2007年03月30日

言葉にすれば

今年のNHKコンクールの高校の部の課題曲が今日のタイトルである。ゴスペラーズの作詞作曲ということで、ポップなサウンドをいかに表現するかが、とても難しいのではないか。曲の最初のところにはソロがあったりして、コンクールに出場するほとんどの団体にとって、高いハードルになるのは間違いない。

全国大会常連校であっても、従来のクラシックの範疇ではうまく表現できないだろうから、音楽の形ができるまでに時間がかかるのではないかな。指導の先生方にとっては、まさに音楽性を求められる怖い曲ともいえるだろう。練習するとき、どんな顔でやったらいいのかとか、これまでの課題曲にはない悩みもわき起こるかも。

いやはや、NHKもやるモンである。最近高校を卒業して、現役時代合唱してたというような若い人の中には、もう少し遅く生まれていたらこの曲を歌えたのになんて思う人もいるに違いない。(実際、そういうことを書いている人もいるようである)

今年のコンクールも、今から楽しみ。
posted by あげさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog

2007年03月29日

春の嵐

遅い時間の帰宅になったのだが、駅から自宅まで、風に逆らってこぐ自転車は、疲れた身体につらかった。冬の風と違って、温かいのが救いだ。

とても温かかった2月から一転して寒い3月。もうすぐ4月という今週になってまた、温かい日々。

まるで台風のような強さで、眠ってしまって気づかなかったのだが、夜中には雷も鳴っていたという。まさに嵐である。きっと、これは春の幕開けの合図であるに違いない。
posted by あげさん at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog

2007年03月28日

海外転勤者の壮行会

5月からフィリピンの設計子会社に転勤することになった同僚の壮行会があった。なぜ着任までにはあと一月のこの時期に壮行会があったかというと、着任前に一ヶ月の現地での語学研修があるからなのだ。

それはともかく、平日にも関わらず結構のお酒を飲み、大いに盛り上がった壮行会であったといえよう。明日は朝からいろいろあるのだが、目がきちんと覚めるだろうか。まあ、そういうときこそ出席をしてさえいればよいのだ。こう開き直って、気分良く酒を飲んだのであった。

最後に飲んだ焼酎ロックがかなり効いたかも。。。。まあ、悪酔いにはならなかったような。帰って、速攻で眠りについた。
posted by あげさん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog

2007年03月27日

夜霧

帰るときに、今日はちょっと気温が下がっているなと思ったら、自宅最寄りの駅に着いたときに、霧で景色が霞んでいた。自転車で自宅に近づくに従って霧が濃くなったのだが、これは場所の問題なのか時間の問題なのか。感覚的には時間の要素が多い気がした。

例年、何日か(朝の)霧で電車が遅れというようなことがあるが、季節的には秋が多かったような記憶があり、春の霧の日は記憶にないなあ。春ならおぼろな感じだたり、黄砂だったり。

さて、明日の朝はどうなるでしょうか。
posted by あげさん at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog

2007年03月26日

合宿明けは勢いで仕事

合宿では全身をしっかり使って歌をうたう。かくして、合宿の後は筋肉痛だったり、全身が大いに疲れていたりする。最近は代謝が悪くなっているので、影響が翌日になったりする。

やはり、何となくからだがだるく、背筋が少し痛いようだ。若い気でいても、身体は正直なものである。こういう日は、頭を使う仕事はなるべく避けて、時間をかけさえすれば何とかなるようなことをすればよい。今年の新人向けに部署の紹介をする役目がなぜか回ってきたので、サーバ内の資料を適当にかき集めて、20ページ足らずの資料を作成する。4月1日付けで若干の組織変更があるので、この部分は新規に作成して(といっても、前の資料をアレンジすればよいのだが)、それなりに楽しく仕事を進めているふりをした。

早く帰るつもりでいたのだが、意外と根を詰めて資料作りをしてしまったので、結局いつもの帰宅時間に。気合いを入れすぎましたな。
posted by あげさん at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog

2007年03月25日

合宿二日目


  • あんたがたどこさ(わらべうた、信長貴富編曲)
  • ずいずいずっころばし(わらべうた、信長貴富編曲)
  • Ego sum panis vivus(Giovanni Pierluigi da Palestrina作曲)
  • La Messe de Nostre Daneより、Kyrie(Guillaume de Machaut作曲)
  • Ma fin est(Guillaume de Machaut作曲)

今年の企画ステージはわらべ歌やみんなの歌のように一般に知られた曲を中心に選曲して構成するらしい。それはともかく、信長氏編曲の二つを練習した。ともにオリジナルの曲をうまく使ったもので、歌っていてもおもしろいし聞いていてもきっとおもしろいと思う。全体としてどんなステージになるのか、今から楽しみな感じだ。

もう一つのステージは、いくつかの曲をアラカルトで取り上げる構成になるのか。マショーなんて普通では歌わないよね。マニア向けの選曲になるような気がする。まあ、M氏の選曲だからそうなるのも当然だよね。
posted by あげさん at 19:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 旧Blog

2007年03月24日

合宿一日目


  • 混声合唱とピアノのための「しゅうりり えんえん」より、V たんじょう(誕生)、VI ゆうきすいぎん(有機水銀)、VII ばんか(挽歌)、VIII ひかりのたき(昇天)(石牟礼道子作詩、荻久保和明作曲)
  • Valde honorandus est(Giovanni Pierluigi da Palestrina作曲)
  • 混声合唱のための「ラプソディ・イン・チカマツ[近松門左衛門狂想]」(千原英喜作曲)より、壱の段、貳の段

今年のコンサートで歌う曲を一通りさらうのが春合宿である。コンクール後に入団した新メンバと交流するよい機会でもある。

さて、しゅうりりえんえんはTokyo Cantatまで一月あまり、まだ譜読みが終わっただけの私の状態にとっては集中した練習ができる最後の機会といえよう。ピアノも入れての初めての練習のような気もするが、テンポがこれまでよりも速いというのもあって、頭の片隅で譜読みをしている状態ではなかなかつらいものがあった。特に「ゆうきすいぎん」はリズムも音も難しいので「課題」がたくさんあることが明らかになった。通勤時間を利用して、自主練習をしなくちゃいけない。

30分くらいの余った時間で課題曲G1の練習。この曲をすることに決まったのかな。味のよいスルメをじっくり味わおうではないか。

夜の練習はチカマツ。近松門左衛門の原典と対比しながら、詩の内容を味わい、そして歌の練習ということで、全体の音楽構成について深く理解できたような気がする。充実した練習に満足である。
posted by あげさん at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog

2007年03月23日

送別会

協力会社から出向され、一緒に仕事をしていたメンバが今月いっぱいで帰任されることになった。フィリピンのメンバと一緒に仕事を進めているうちにタガログ語で日常会話ができるようになってしまったという、なかなか不思議な人物であったが、彼らからの信頼も厚く、去ってしまわれるのは惜しい人物である。

そんなわけで、送別会に集ったメンバは50名近くになっていただろうか。もちろん、フィリピンの常駐メンバも出席していたのだった。

週末の宴会と言うこともあり、かなり飲み食いしたような気がするが、覚えていないぞ。楽しかったからよしとしよう。若者たちは二次会に行ったようだが、そこは彼らに任せて帰途につく。帰宅したときには二日酔いしそうな感じだったが、まあ、ぎりぎりとどまったか。楽しく飲むと悪酔いしないよね。
posted by あげさん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog

2007年03月20日

TOEIC受験

仕事でくたくたながら、会社でIPテストを受験した。

9月の試験ではスピーカの音が割れていて聞き取り肉なったのだ。そのせいかどうかは不明だが、思ったよりは点が伸びなかった。ともかく、今回はスピーカはまともだったので、言い訳にはできない。

さて、今回の感触は、リスニングのPart I、IIは、かなりできた感じだったが、後半はやはり気力が持たない。一瞬意識を失っていたりして、いつもくらいのできではないか。

リーディングは逆に、前半の文法関連が当てずっぽうなんだよね。長文もいくつかわからないのがあったから、結果的には前回並みという感じかなあ。

試験のあとはいつもふらふらなので速攻帰るはずだったのだが、明日までの資料作りのため仕方なく職場に戻る。遅くまで資料作りにつきあいましたとさ。
posted by あげさん at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog