2020年11月28日

今日の練習曲(CAアンサンブル)


  • Spem in alium(Thomas Tallis)
  • Prophetiae Sibyllarumより、Carmina chromatico(O. Lasso)
  • Domine fac mecum(O. Lasso)
  • Missa doulce mémoireより、Kyrie(O. Lasso)
  • Matona mia cara(O. Lasso)

月初の練習に引き続き、新尾道駅近くの練習場を借りて遠隔地チームのアンサンブル練習をする。

まずは、タリスの40声から取りかかる。遠隔地チームは8群が担当だが、私も含めて皆さん所見モードなので、歌詞は置いておいてまずは音とリズムに専念する。というか、今日はそれで一度通してみるという感じか。Oxford University Pressの楽譜とは違うところがたくさんあるようだが、そこは後で確認するとして、楽譜通りに進めていく。いやはや、所見だときついですね。そういうことがわかったので、今日は一通り音を鳴らしてみることで終わり。

気を取り直してラッソの曲に取りかかる。
先回やってからほとんど楽譜を眺めてはいなかったけれど、メンバー一人一人の音が安定してきているせいか、思ったよりも崩壊しない。いや、前回の練習終了の状態に戻るのが早い。それなりの音が鳴ってきたので、ハーモニーを純正的に追求してみようと言うことになった。純正的に音を鳴らしてみると、不思議なことに音楽の流れも変わってきてそれぞれのパートの表現が生き生きとしてくるのがわかる。これは新鮮な経験だった。譜読みに難航していた部分も、不思議と音がわかるようになる。16時過ぎまでの練習時間はあったという間に過ぎ去っていったが、充実した時間だったといえよう。

ちなみに、今日のお昼ご飯は「鶏そば」。鶏そば本店でいただく。濃厚スープはおいしかった。

Cantus Animae(遠隔地チーム)
びんご運動公園視聴覚室
posted by あげさん at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188185238

この記事へのトラックバック