2008年03月15日

今日の練習曲


  • Ständchen(O.L.B.Wolff作詩、A.E.Marschner作曲)
  • Abschied(夏目利江訳詩、ドイツ民謡、増田順平編曲)
  • 最上川舟歌(山形県民謡、清水脩作曲)

今週の練習も新曲の譜読み。短い時間で2曲の譜読みを終え、1曲はドイツ語の歌詞もついてしまった。メンバの実力は確実についていますねえ。出席者も少なめだったので、一人ひとりがパワーアップしているということでしょう。音程もかなり安定してきましたが、譜読みのときはどうしても発声がおざなりになりがちなので要注意です。

後の一曲はジャカルタでも歌ったものをコンサートでもやろうと練習を始めましたが、ちょっと忘れているようでした。声がいる曲だけに、基本に立ち返って練習しなくちゃいけませんね。
posted by あげさん at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog

2008年03月08日

今日の練習曲


  • 朧月夜(高野辰之作詞、岡野貞一作曲、文部省唱歌、上村正継編曲)
  • May bukas pa(Ernie Dela Pena作詞、Charo Unite作曲、上村正継編曲)

先週に引き続き同じ曲を練習する。曲の順は逆にね。

という訳で、前半は朧月夜から。こういうシンプルな曲というのは歌うのは意外に難しい。音程、バランス、そしてレガートな歌い方が必要となる。発声ができていないメンバにとっては正しい音程を取ること自体も一苦労である。最初の30分に十分な体操と発声練習をやったおかげか、音程がいつものように狂わないのがいい。いや、音が下がりそうなときは何度もやり直しているので、歌い手のほうも身体がつかんできたのかもしれない。

最初のユニゾンでアンサンブルの基本をつかんで、ハーモニーになったところで全体のバランスを感じるように、そういうところを中心に練習した。シンプルなハーモニーに編曲したので、2回目の練習にしては、雰囲気がかなり出てきたように思う。

マイブカスパは曲は歌詞をつけることが第一目的である。12月のコンサートで混声版を歌ったせいなのか、あっさりと歌詞がついたように思う。それよりは中間部の音程がやや怪しいなあ。女声部がこんなに難しいことを歌っていたのかということを初めて気づいたメンバもいたりして、ちゃんと回りを聞いていないことがばれちゃったな。

こちらの曲は旋律の歌い方に踏み込んで練習できた気がする。特に、旋律を歌うときに「壁にペンキを塗るように」というのが伝わったのはうれしかったね。

さて、来週まで覚えていてくれれば、5月の本番までにいい感じで仕上がりそう。
posted by あげさん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog

2008年03月01日

今日の練習曲


  • May bukas pa(Ernie Dela Pena作詞、Charo Unite作曲、上村正継編曲)
  • 朧月夜(高野辰之作詞、岡野貞一作曲、文部省唱歌、上村正継編曲)

何回か指揮はしていたのだが、指揮者が3月で帰任するのに伴い、今日からマニラグリークラブの指揮者としての正式(?)活動が始まる。こちらにいる間に、より楽しく音楽ができる合唱団になればいいなと思う。

さて、今日の練習曲の一つめはフィリピンで親しまれている曲であるMay bukas pa(明日はきっと(良いことが)ある)。混声で12月の演奏会で歌ったものをMGCで歌えるようにと私が編曲したのだった。これでタガログソングの持ち歌は3曲目と言うことになる。1時間くらいで一通りの音取りまでは完了できたのは、12月に混声版を歌って全体像が分かっているからだろう。それを差し引いても、歌心を持ったメンバに恵まれているからに違いない。味付けをしていけば、もっと魅力ある曲に仕上がってきそうで楽しみである。

2曲目は、この月曜日に私が編曲した「朧月夜」である。お気楽編曲にお付き合いしてもらったわけだが、10分足らずでとりあえず音取りができてしまったのには、さらに驚いた。発声を磨けば、すごい合唱団になりそうである。

てな感じで、この地での指揮活動がスタートした。5月のコンサートに向けて、プログラムビルディングをしっかりしなくちゃ。
posted by あげさん at 23:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 旧Blog

2007年12月31日

2007年の私

今年はだいぶんblogの更新を怠っており、書きたいネタのメモだけが積み上がっている状態ですが、とりあえず、今年のまとめだけを書いておきましょう。

*仕事関係

夏に二ヶ月のドイツ出張がありました。英語を主体とした環境での仕事というのは、ちょっとした打ち合わせレベルを除けば初めての経験と言っても良いでしょう。貴重な体験が得られたと言っていいでしょう。

そして、11月からは海外に拠点を移しての仕事開始と相成りました。毎日毎日、英語付け状態です。おかげでナンチャッテ英語は堪能にはなりましたよ。せっかくだから、タガログ語も覚えましょうかね。

*歌関係

5月のTokyo Cantatのステージは良い経験でした。はもーるがあんな選曲をするというのも含めて。6月の合唱祭を最後に、実質的な神戸での歌活動は休止状態に入ります。9月のコンサートは客席で聴くというのは、結構おもしろかったですね。

11月より、マニラにManila Glee Clubにて活動しています。すでに3つのステージを終えているというのは結構なペースでしょうか。来年2月にはマレーシアのジャカルタで合唱祭がありまして、出演予定です。はもーるで一緒に歌っていたMさんともお会いできそうです。

さて、2008年はどのような年になるでしょうか。素晴らしい歌・人との出会いがありますよう…。
posted by あげさん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog

2007年11月30日

ドイツからの出張者

6月の出張でお世話になったドイツ駐在のF氏が当地に出張でやってきた。本来はこちらは休日なのだが、せっかくの機会なので打ち合わせと懇親会を設定する。打ち合わせの細かい内容はココでは書くわけにはいかないが、こちらのローカルスタッフも交えて、中身の濃いものとなった。ドイツ出張の機会もまたできるかな。

打ち合わせのあとは懇親会。先週の水曜日の場所と同じ「日本橋亭」である。それなりの値段で日本の味が楽しめる良い場所である。ローカルの人も来るということからも、リーゾナブルだと言うことが分かるかな。

食事は注文しすぎたので、食べきれずに主だったものはお持ち帰りにする。私は、麻婆豆腐を持ち帰りましたとさ(翌日のおかずにするのだ)。
posted by あげさん at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog

2007年11月29日

新人のwelcome party

今年の新人の研修期間が終わって、今週くらいから部署に配属されてきている。と言うわけで、今日は彼ら/彼女らの歓迎パーティである。

会場は事務所からすぐ近くのMetro Walk。歩ける距離だしその方が早いけど、車で行く駐在員たち。まあ、安全を取るわけだ。

パーティの内容は、新人のダンスパフォーマンスとその他のメンバのバンド演奏。バンド演奏の方は一応コンテストになっていて、賞金(?)が出るらしい。私は審査員の一人になっていたりして。新人マネージャはこういうのに駆り出されるのね。

ダンスパフォーマンスは、結構素晴らしかった。プロ級の踊りを見せるメンバもいて、エンジニアにしとくのはもったいない(って、エンジニアの方が当然高給取りなので、本末転倒な話ですが)。バンド演奏の方は、あまりうまいとは言えませんね。というのは、うるさいばかりでという感じ。音楽を表現するには、聞き手のことをもっと考えないとね。と言うわけで、聞き手に優しい表現のバンドに良い点を与えましたよん。

事件のために、夜間外出禁止令が発令されて、22時にはパーティも終了。明日は休みだから、きっともっと楽しみたいメンバもいたんだろうが…。

Metro Walk, Ortigas, Pasig City, Manila, Philippines
Latitude : 14.587103
Longitude : 121.064406

posted by あげさん at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog

2007年11月28日

10日間インターネットを離れると

インターネットが開通した日のお話。数日前に個人アドレスにメールをしたときにOver quotaになっていることに気づいていた。一体いつからメールが満杯? 非常に不安な面持ちでメールをチェックしたのが月曜日の夜のことだった。

さて、どうだったかというと、いくつかの取りこぼしはあったものの、ずうっとメールが受けられていた様子。まあ、Over quotaであっさりあきらめてしまった送信側のサーバだと、そのメールは届いていないようでしたが。

たまっていたメールは8500通くらい。90%以上がSPAMというのが悲しいところ。もっとも、普通のメールが8000通以上も来てたら、普通の生活できませんね。
posted by あげさん at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog

2007年11月27日

マニラ日本人会総会レセプション


  • そうらん節(北海道民謡、清水脩作曲、福永陽一郎編曲)
  • いざたて戦人よ(Justus Falckner作詩、Daniel Webster Whittle英訳詞、藤井泰一郎訳詞、James McGranahan作曲)
  • 琵琶湖周遊の歌(小口太郎作詩・作曲)
  • 椰子の実(島崎藤村作詩、大中寅二作曲、大中恩編曲)
  • Ikaw(George Canseco作詩、Louie Ocampo作曲、Arthur Polocarpio編曲)

早くもステージ二つめ。神戸の時より、ある意味充実した合唱活動かも。私はと言えば、ホテルのすぐ前まで到着していたものの車の渋滞のために到着したのがちょうどステージが始まったところ。部屋の片隅で準備を急いですませ、歌いながらステージに合流したのだった。

ステージのあとは、レセプションで出された食事を食べることになる。歌いに行ったのか、はたまた食事に行ったのか。いずれにせよ「おいしい」ステージだった。

マニラ日本人会総会レセプション
Hotel Dusit Nikko, Makati City
マニラグリークラブ 指揮:吉村雅彦
posted by あげさん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog

2007年11月26日

インターネット環境構築完了

土曜日予定のADSL開通は、業者側の都合で今日になった。まあ、この地ではよくあることで、土曜日は約束の時間に業者が来ず、何度もフォローしてマンションの管理者が来たのは約束の5時間後。その日は担当者が来られないとのことで翌日の取り付けを強く要求したが休業日だからだめだとのこと。月曜日の夕方18時半に再度来るということを約束させて業者にも確認を取らせた。まだ心配だったので、午前中に再確認で念押しし、18時過ぎに帰宅。業者がちょうど到着したところだった。

ADSLのセッティング自体は、大したこと無く終了。まあ、最初の電話接続の確認に時間がかかりすぎだと思うのが日本人の感覚なんだろうな。固定電話は不要の契約をしたはずだがと確認すると、それ込みの固定料金契約なんだとか。ローカル(マニラ市内)の固定電話と1MのADSL接続が時間無制限でひと月999ペソ。円換算で2500円だから感覚的にはめちゃ高だがこの地の標準なんで仕方がないなあ。

1MのADSLなんて何年前の水準だろうとも思うが、意外と快適なスピード。メールだけなら十分の速度かも知れない。
posted by あげさん at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog

2007年11月25日

Asian Network of Major Cities 21: Caltural Event


  • そうらん節(北海道民謡、清水脩作曲、福永陽一郎編曲)
  • 遙かな友に(磯部俶作詩・作曲、林雄一郎編曲)
  • 琵琶湖周遊の歌(小口太郎作詩・作曲)
  • 浜辺の歌(林古渓作詩、成田為三作曲、西脇久夫編曲)
  • 椰子の実(島崎藤村作詩、大中寅二作曲、大中恩編曲)
  • Ikaw(George Canseco作詩、Louie Ocampo作曲、Arthur Polocarpio編曲)
  • Dahil sa iyo(Dominador Santiago作詩、Mike Velarde作曲、亀井清一郎編曲)
  • 君といつまでも(岩谷時子作詞、弾厚作作曲)

こちらでの初ステージは、Asian Network of Major Cities 21のイベントの一環としてのイベントだった。今回はここマニラで総会があって、どういういきさつか知らないけれどもMGC(マニラグリークラブ)が演奏することになったようである。どうも、こういうふうに声がかかることが多いような感じだ。

それはともかく、この地の常識(?)と言うべきか、進行は時間割があってなきがごときで、17時半開始予定が1時間押しの18時半開演となった。そんな状況なので聴衆はきっと大していないだろうと思っていたけれど、100人以上はいたそうである。

演奏曲目の中で、やはり、ご当地ソングの2曲は大いに受けた。特にikaw(あなた)は、結婚式でよく歌われる曲というのもあるんだろうが、会場の盛り上がりはすごかった。歌っているこちらも、大いに気持ちよくステージが過ごせたと言えよう。

演奏後は、マニラ湾沿いの船のレストランにて中華料理を楽しむ。おいしかったので食べ過ぎたな。

Asian Network of Major Cities 21: Caltural Event
Centerstage, SM Mall of Asia, Pasay City
マニラグリークラブ 指揮:吉村雅彦
posted by あげさん at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧Blog