2021年01月30日

今日の練習(CA)

なかなか集まって練習できなくて声も出なくなるのでオンラインで練習しましょうとのこと。他団体でもオンライン練習があるので、30分だけの参加となった。
今日は声を出せる人は、オンラインではあるが一人ずつ声を出して指導を受けるというスタイルも取り入れる。記録もとられているので後で聞き直すのが恥ずかしいというのもあるが、良い練習だった。

Cantus Animae
オンライン(Zoom)
指導:谷郁
posted by あげさん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱

2021年01月27日

今日の練習曲(CA)


  • 混声合唱によるうたの劇場「不完全な死体」(寺山修司作詩、信長貴富作曲)

緊急事態宣言下ということで、オンラインでの開催。
2019年のコンサートで取り上げられた曲なので、他の団員の方々は歌ってらしてるのですが、私としては初めて。見学に行ったときにちょっと触れたくらいでしょうか。今度のコンサートでは暗譜でやらないといけないと言うことらしいので、ハンデが大きい。
さて練習の内容はというと、これまでの練習で指導された事の復習。楽譜に残っている練習メモと録音からの書き起こしの確認と言うことでしたが、曲によって濃淡が大きいようで…。同じコンサートで歌った別の曲も大変だったこともあって、さらっと流した曲もあったみたい…。
5月にコンサートができるのかどうかは謎ですが、きっちりと楽譜を覚えておかないと…頑張ります。

Cantus Animae
オンライン練習(ZOOM)
posted by あげさん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱

2021年01月10日

今日の練習曲(ハロハロ)


  • 男声合唱組曲「秋の瞳」より、4.はらへたまつてゆく かなしみ、7.うつくしいもの(八木重吉作詩、松下耕作曲)

今日は7を中心に練習する。こういうシンプルな曲は譜読みが終わったところからが難しいのだけれど、譜読みが簡単なわけでもない。
八分音符が8つ並んだ旋律を歌詞がわかるように歌うのはどうしたらよいか。旋律線とは違う動きをするパートはどうすれば良いのか。他のパートの動きを聞く耳が必要になってくる。人数が少ないだけに、人地一人の歌い方が重要になってくる。
ステージは5月の予定だが、それまでに表現できるようになるのかなあ。それよりも、このイベントができるかどうかの方が問題かも。

ハロハロシンガーズ
日本橋社会教育会館第一洋室
指揮:上村正継
posted by あげさん at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱

今日の練習曲(マカデミア)


  • Northern Lights(Ola Gjeilo作曲)
  • Deamon irrepit callidus(György Orbán作曲)

今回はNorthern Lightsを重点的に練習する。複雑な和音はないので、ハーモニーの進み方が身につけば音楽の迷い子にはならない筈です。もっとも、シンプルな和音こそが鳴らすのが難しい訳です。
次に難しいのは、転調して次のフレーズに移るところ。こちらもメロディーがシンプルだからこそ、間違った和音に移行するともろにわかってしまう。
最初の曲に時間を多く使ったので、Daemonの復習はさらっと。1ヶ月経つと細かくやったことを忘れています。必ず崩壊するところをどう乗り越えるかが、この曲の課題です。

コール・マカデミア
日本橋社会教育会館第一洋室
指揮:上村正継
posted by あげさん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱

2020年12月13日

今日の練習曲(ハロハロ)


  • 男声合唱組曲「秋の瞳」より、4.はらへたまつてゆく かなしみ、7.うつくしいもの(八木重吉作詩、松下耕作曲)

4を中心に細かい音の確認練習をした。和音自体がそれほど難しい部分はないのだけれど、何となくイメージしにくい部分があるらしい。おそらく、和音の中の自分の位置づけが不明なまま歌っているからではないかと思い、和音の変化とパートバランスを細かく確認した。この辺が見えてくると、それぞれのパートが自信を持って歌えるようになってくる。
5月に本番だから、まだ数回は練習ができる。きっと大丈夫。

ハロハロシンガーズ
日本橋社会教育会館講習室
指揮:上村正継
posted by あげさん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱

今日の練習(コールマカデミア)


  • Deamon irrepit callidus(György Orbán作曲)

皆さんお忙しいようで、出席者が少ない事が予想されたので、みっちりと細かいことにこだわる練習となった。いつもはなんとなく歌い飛ばしているこの曲を、一つ一つの音・和音にこだわり、本来はどういう音が鳴るべきなのか、メロディの流れから各パートはどう歌うべきか、そして、言葉の意味合いからどのような歌いっぷりになるかを追求してみた。
細かくやってみると、鳴るべき和音が意識できていなくて、なんとなくそれらしいおとを鳴らしていることがわかってきた。基本的な和音が鳴るべきところ、テンションコードが鳴るべきところ、和音での自分のパートの役割。これらがわかってくると、音がすっきリとしてきて、これまで音取りに苦労していた部分の見通しが良くなった。当然、流れも良くなり生き生きとした音楽に変わっていくのが面白かった。もっとも、泥臭い練習に付き合って下さったメンバーはどう思ったのだろうか。

2月のステージでは全部で3曲演奏するけれど、練習はあと2回。果たして全曲で細かい練習ができるのか。ペース配分が難しいけれど、楽しい本番にするには、こういう練習も必要だね。

コール・マカデミア
日本橋社会教育会館講習室
指揮:上村正継
posted by あげさん at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱

2020年11月29日

団員の結婚式での演奏


  • Baba Yatu(Chris Kiagiriスワヒリ語歌詞、Christopher Tin作曲、Julie Gaulke編曲)
  • 麦の歌(中島みゆき作詞・作曲、石若雅也編曲)

はもーるKOBE ベースのF君とアルトKさんとの婚礼の席にお祝い合唱団と言うことで招かれる。コロナのご時世だったので大変だったのでしょうが、結果的にお祝いに駆けつけられて良かった。感染予防対策と言うことで、歌い手側はマスク着用してオープンスペースに並んでと言うことになった。麦の歌の歌詞が心にぐっと入ったのだろうか、新婦のKさんが涙を流していらしたのが印象的だった。

ところで、はもーるでの2020年初ステージ。この機会を与えてくれたお二人に大感謝です。

混声合唱団はもーるKOBE
相楽園
指揮:平林陽、岸本雅弘
ピアノ:戸田京子
posted by あげさん at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱

2020年11月28日

今日の練習曲(CAアンサンブル)


  • Spem in alium(Thomas Tallis)
  • Prophetiae Sibyllarumより、Carmina chromatico(O. Lasso)
  • Domine fac mecum(O. Lasso)
  • Missa doulce mémoireより、Kyrie(O. Lasso)
  • Matona mia cara(O. Lasso)

月初の練習に引き続き、新尾道駅近くの練習場を借りて遠隔地チームのアンサンブル練習をする。

まずは、タリスの40声から取りかかる。遠隔地チームは8群が担当だが、私も含めて皆さん所見モードなので、歌詞は置いておいてまずは音とリズムに専念する。というか、今日はそれで一度通してみるという感じか。Oxford University Pressの楽譜とは違うところがたくさんあるようだが、そこは後で確認するとして、楽譜通りに進めていく。いやはや、所見だときついですね。そういうことがわかったので、今日は一通り音を鳴らしてみることで終わり。

気を取り直してラッソの曲に取りかかる。
先回やってからほとんど楽譜を眺めてはいなかったけれど、メンバー一人一人の音が安定してきているせいか、思ったよりも崩壊しない。いや、前回の練習終了の状態に戻るのが早い。それなりの音が鳴ってきたので、ハーモニーを純正的に追求してみようと言うことになった。純正的に音を鳴らしてみると、不思議なことに音楽の流れも変わってきてそれぞれのパートの表現が生き生きとしてくるのがわかる。これは新鮮な経験だった。譜読みに難航していた部分も、不思議と音がわかるようになる。16時過ぎまでの練習時間はあったという間に過ぎ去っていったが、充実した時間だったといえよう。

ちなみに、今日のお昼ご飯は「鶏そば」。鶏そば本店でいただく。濃厚スープはおいしかった。

Cantus Animae(遠隔地チーム)
びんご運動公園視聴覚室
posted by あげさん at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱

2020年11月22日

今日の練習曲(ハロハロ)


  • 男声合唱組曲「秋の瞳」より、1.貫ぬく 光、7.うつくしいもの(八木重吉作詩、松下耕作曲)
  • 瑠璃色の地球(松本隆作詞、平井夏美作曲、小池義男編曲)

まずは、先回途中まで練習していた「うつくしいもの」から。最後まで一通りやっていたつもりだったが、時間切れになっていたらしい。8分音符の連続が歌詞の流れを阻害するので、旋律を全員で歌ってその感覚を共有し、その後各パートを和音をつける形で少しはできるようになったか。
貫く光は、1パートだけだとよくわからない和音が、合唱にするとわかりやすくなる不思議。思ったよりすんなりいったので、瑠璃色の地球も通すことにする。お疲れのところ、歌い手の皆さんごめんなさい。

ハロハロシンガーズ
日本橋社会教育会館講習室
指揮:上村正継
posted by あげさん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱

今日の練習曲(コールマカデミア)


  • 見上げてごらん夜の星を(永六輔作詞、いずみたく作曲、横山潤子編曲)
  • Northern lights(Ola Gjeilo作曲)
  • Deamon irrepit callidus(György Orbán作曲)

最初の二つを重点的に練習する。
Daemonもスピードを落として、一つ一つの和音がどのようになっていることを確認し、音に慣れることを重点的に。

コール・マカデミア
日本橋社会教育会館講習室
指揮:上村正継
posted by あげさん at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱